再びロンドンへ
c0246034_16595570.jpg


c0246034_16594832.jpg

カンタベリーから約1時間の特急?(名前解らない)に乗って再びロンドンへ。セントパンクラス・インターナショナル駅に到着。この電車に乗って来ました。  

インターナショナルって何でなのかなぁ?って思いましたが、どうもここからユーロスターが出発するようです。

c0246034_17410100.jpg

駅は斬新で新しい建物とこのような重厚な建物が有ります。(翌朝の写真)この建物の中にユーロスターの発着駅が有るのを発見してびっくりしました。二つの建物がセントパンクラス・インターナショナル駅なのでしょうか?よくわかりません。しかもその隣にキングクロス駅があります。。。
[PR]
11月3日 カンタベリー
この日、Bさんは私を教会に連れて行きたいとおっしゃり、聖マーティン教会(Saint Martin Church)に行き、ミサに参加した外観を上手く撮影できず残念。
c0246034_1243728.jpg

c0246034_12432834.jpg







これは内部。実際に今も信仰が行きている場所。ミサは11時頃から行われ12時頃終わる。
Bさんのお話ではフランスからやって来たキリスト教徒であった女性がカンタベリーの王様と結婚して出来た。とか。(6世紀ケント王の王妃ベルタの個人的な礼拝堂だったらしい)「ここからイギリスにキリスト教は広まったのよ。」そうなのか!
c0246034_1219573.jpg

ミサを終えてバラ園、その他を散策。Bさんはもう少し私を連れて行きたがったけどお昼を準備しなくては!「ここからの景色が好き」というBさん。3つの教会が見えると言う。でも全部入れられない。c0246034_1220042.jpg










お昼に私は持って行った「お好み焼きセット」でお好み焼きを作る。(野菜を切って混ぜるだけ)午後の休憩をして、夜は今開催中のカンタベリーフェスティバル[CANTERBURY FESTIVAL KENT'S INTERANATIONAL ARTS FESTIVAL 15 OCT-5 NOVE 2016]へ。

c0246034_1220651.jpg
この日はバイオリンとチェロの四重奏。カンタベリー大聖堂の隣に立つ大きなホールで行われた。
カンタベリーフェスティバルは,10月から11月にかけてカンタベリーを中心にケント州一円で行われるアートのフェスティバル。演奏会や演劇だけでなくビジュアルアート、Talks(討論会?トーク) 、Walks(多分史跡の散策。この頃京都でも流行ってる町歩き?) 、Umbrella(ナンだろう?多分提携の公演等等かな?)等々とても多彩だ。Bさんはもう16年間ボランティアでこれに関わっている。「カンタベリーは静かな街。この時期を除いて」とBさん。以前もこのフェスティバルの事を良く話していたっけ。この時期に行けて良かった。もっと体力が有れば色々見て回ったのになぁ。
c0246034_1220999.jpg

コンサートに行く途中の街に有名な曲がった家(お店)を撮影。おじちゃんがいるので撮影するのを躊躇したが。思い出した!この家以前も有った。大聖堂を中心に街はほぼ変わりないように見える。だけどお店は少しずつ変わって来た。新しい外資系のお店も増えて来た。そこも見学。
[PR]
c0246034_10304186.jpg


ビクトリアコーチステーションからカンタベリーへコーチステーションからどこへ行くのも快適そうだった。私の乗るバスは、カンタベリー経由ドーバーまで。ドーバーは、2004年滞在中に友人と待ち合わせて行ったところ。ここもきれいな街。ここからフランスへ行く事が出来る。コーチステーションでは軽食を売るかわいいお店が何軒か有った。



バスの中はこんな感じ。運転席の上の方まで窓が開いており空が見える。c0246034_10312391.jpg


いよいよカンタベリーだ。
c0246034_10325984.jpg

城壁に囲まれた美しい古い街。カンタベリー大聖堂、聖オーガスティンズ修道院跡、聖マーティン協会の3つが世界遺産となっているらしい。
この景色は聖マーティン協会の裏辺りから見たカンタベリー大聖堂。11月3日、Bさんに連れられてミサに行って来た。
今回大聖堂には、夜しか行かなかったため、2004年に撮影した入り口の写真と昼の写真を!
c0246034_10475628.jpg

c0246034_10474546.jpg
入り口の右横のお店はスターバックスだったけど今は違う店に。そしてなんと半分のスペースには「寿司バー」が出来ていた。
c0246034_1058523.jpg
ちなみにほぼ同じ場所からの夜の大聖堂。
c0246034_1059946.jpg
同じく夜の大聖堂だけどちょっとアングルが。。
今回びっくりしたのは、日本食のお店がどんどんできている事。そしてロンドンの地下鉄では「君の名は」のポスターが大きく貼ってあった。
[PR]
ヴィクトリアコーチステーション

当初ヴィクトリア駅から列車でカンタベリーイーストステーションに行くつもりだったが、バスの方が街の真ん中まで直行できて訪問するBさん宅まで歩いて行ける。ヴィクトリア駅からコーチステーションまで少し歩かなければならないけど、時間に余裕が有るし費用も安いのでこちらに変更。
c0246034_1052561.jpg
12時に到着。チケットを買う為に並ぶが、12時半発のバスには乗れなかった。。受付が大変混んでいるのとゆっくりな為。。。
13時半のチケットを購入。時間は有るのでゆっくりで良い。その間うろうろ。
国内だけでなく、ヨーロッパの国々へもここからバスで行ける!。多分ドーバーを通るのかな?
すごくたくさんのルートが有る。
12年前もここからカンタベリーに行ったはずだけど,こんなに立派だったっけ?もっと小さかったような。。どうなんだろう。記憶ってあやふやだ。
c0246034_10552258.jpg
これはトイレの入り口。トイレに入るのにコインを入れて入る。お金が必要だ。うろうろしてると係のおじさんが声をかけてくれる。「このコインで良いよ。」と。10セント。さすがにきれいだ。だけど、京都の地下鉄は費用も要らないけどきれいだなぁ。。とか思う。色々な売店が有って美味しそう。既にヴィクトリア駅でサンドイッチを購入していてちょっとがっかり。コーヒーだけ買う。
いよいよカンタベリー!
[PR]
パディントン〜ヴィクトリアコーチステーション
c0246034_10294132.jpg
広大なハイドパーク。ウエストボーンゲートから入る。湖まではたどり着けない。
c0246034_1030087.jpg
公演で体操?何か指導している。
c0246034_1042711.jpg
犬用のゴミ箱!さすが。


c0246034_10352483.jpg
パディントン駅構内も見学したかったけど時間が無い。ホテルに戻って身支度をしてパディントンの地下鉄からヴィクトリア駅まで行く。奥の方に見えるのがパディントン駅。


c0246034_1043018.jpg地下鉄のホーム。まだここは地上だ。この日は寒い朝だったけど、とても美しい秋の一日だった。つづく。
[PR]