京都高島屋で開催中の「−願ー畠中光享展」へ

昨日と異なり急に寒くなった今日、京都高島屋へ日本画の畠中光享先生の展覧会へ行って来ました。こちらのサイトで高島屋の催しが掲載されています。

先生は、インドがお好きでたくさんのミニアチュールのコレクションをされている事でも知られており、また染織品もお好きです。
ご自身の作品はインドをテーマにしながらも、日本画というマテリアルが持つ日本的な要素、或は先生ご自身の体と心を通して現れてくる世界を表現されているように思います。

長くおつきあいさせて頂き、先生の若い頃の作品から今に至るまで、拝見する機会がありましたが、今回も美しいバックの色、周りを飾るインド布の数々。また、今回私は始めて拝見した、掛け軸の作品など(しかも古いインドサリーなどが使われており)絵画だけでなく様々に楽しみました。
6階美術画廊にて。会期は19日まで。
[PR]
by mikis-odissi | 2013-03-14 17:53 | カラカール アーンク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odissi.exblog.jp/tb/19661048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。