2013年 09月 14日 ( 1 )

明日は、ヒンドゥー教の神様クリシュナ神が生まれた日だとか。「クリシュナジャヤンティ」と言って、日本でもお祝いのイベントが各地で行われています。
 季節はどんどんと過ぎて行くようで、暑かった先週までと異なり、日曜日の雨ですっかり季節が進みました。
さて、この度、南インド古典舞踊、バラタナーティヤムの舞踊家ダヤ トミコさんからお声をかけて頂き、スタジオ公演に出演させて頂く事になりました。チラシの内容、ダヤ様の文章と仔細を掲載致します。是非ともお越し下さい。

c0246034_19302989.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
STUDIOタンマイ50人劇場 Stage27 素敵に仲間パート18 「50人劇場 街へ出る!」
 ◆インド舞踊~2つのスタイル~◆
2013.9.14(土) 
昼/14:00~ 夜/18:00~ 開場は各回30分前 

場所:京都こども文化会館(エンゼルハウス)
京都市上京区一条通七本松西入滝ケ鼻町431−1
075-464-0356
会場のアクセス等こちらをご覧ください。
http://www.eonet.ne.jp/~angel-house/ 

入場料:2,500円(中学生以下1,500円)*要ご予約
切符の販売はございません。(全/自由席)

主催:タンマイ・ナティヤアラヤ「50人劇場企画部」
   〒602-8377御前通一条上る東堅町113-7 
   http://dayaidance.web.fc2.com/

お問い合わせ:TEL&FAX/ 075-464-1728
E-Mail/ daya-idance@sweet.ocn.nejp

予約申し込み:[要ご予約]TEL.FAX.メール、郵便のいずれかの方法で、ご予約ください。
ご希望の会(昼夜)、お名前、人数、ご連絡先をお知らせください。
お申し込みを受信した時点で自動的にご予約は成立致します。定員オーバーの時のみ、企画部より「お断りの連絡」返信を致します。

●「50人劇場 街へ出る!」今回は、1公演「定員(80名)です。多数、ご来場下さいませ。  
●終演時刻/多少の変動がございます。 


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
今回の“素敵な仲間”は、東インド・オリッサ州発祥の古典舞踊「オディッシィ舞踊家・野中ミキ」氏です。野中さんとは、日本で最初にインド舞踊のステップを学んだ1977年来の知己です。約10年を「ヴァサンタマラ印度舞踊研究所」で、その後、私は「バラタナーティヤム」スタイルを、野中さんは「オディッシィ」スタイルを自らの道として選び、追求して現在に至ります。1語にインド舞踊と言いましても、その発祥地に依って、微妙に、また確実に、異なる技術・表現力を有し特徴としています。今回は2人の学んできた、「2つのスタイル」に絞ってご覧いただき、インド舞踊の持つ多様性をお楽しみいただけましたら、幸いでございます。  初秋に ー ダヤ・トミコ ー 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

出演(ダンス)/ ダヤ・トミコ &サキ  
素敵な仲間(ダンスゲスト)/野中 ミキ(オディッシィ・ダンス)  
       
演目/ バラタ ナーティヤム 古典曲より  
    『ダシャ ヴァターラ・ヴァルナナ』 他      
    オディッシィ 古典曲より
    『ラリタ ラヴァンガ ラター』 他
 考察: “ギータゴーヴィンダ”にみる「アビナヤの対比」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 <出演者プロフィール>
★ダヤ・トミコ (バラタナーティヤム)
‘77年に「バラタナ-ティヤム」を始める。
'89年より渡印。以来インドでの舞台出演・招聘多数。‘04年~‘11年、大阪外国語大学、現大阪大学、非常勤講師。‘05年秋、師匠・ダナンジャヤン夫妻と音楽者をインドから招き、(スタジオ15周年記念公演)「古典&神話舞踊劇」上演で好評を得。同時に師匠より「NATYAーPURNA』賞を授与、真のダンサーとしての栄誉を受ける。’08年「いのちの輝き」をテーマに、<インフィニティ・ダンスシアター>を起ち上げインド舞踊、他分野のアーティストとの共演、紹介に活躍中。(タンマイ・ナティヤアラヤ主宰/京都在住)

☆サキ(舞踊メンバー)☆
★西部紗希(タンマイ・ナティヤアラヤ所属ソリスト)
‘07年6月、初ソロ・デビュー公演
「アランゲトラム」を、京都市国際交流会館で行い好評を得る。(滋賀在住)

★行友一美(タンマイ・ナティヤアラヤ研究生)
(梅田クラス・12)

★野中ミキ(オディッシィ)
‘77年よりインド舞踊を学び始め、1990年インド、ニューデリーのトゥリベニ・カラ・サンガムに留学し、オディッシィをグル師)・R・R・ジェナに師事。デリーにてデビュー公演の後、公演活動を開始する。日本とインドを行き来しながら国内外で、舞踊の普及や指導、そしてスタジオのメンバー「カマラクシ」と共にイベントへも参加している。
(オディッシィダンススタジオ カマラ・カラ・ピータ ジャパン代表/京都在住)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ダヤさんとは、ヴァサンタマラインド舞踊研究所時代からの長いおつきあい。つまり私が踊り始めた時からの先輩です。素敵な機会を与えてくださり、嬉しい気持ちでいっぱいです。
ブログトップに掲載させて頂きます。
[PR]