<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年に一度のイベント
お寺でヨガ×インド舞踊×気功 コラボレーション
からだの日 vol.3

黒谷 永運院


2013.10.26(土)13:00~


カフェ「かぜのね」から始まった「からだの日」
今回はお寺で開催です。



京都でそれぞれ活動する3人が、京都のお寺で女性の皆様に捧げる土曜の午後のリラックスイベント。
「からだの日」と題して、年に一度だけ、京都で開催するコラボレーション・イベントの第3回目です。
ヨガ、インド舞踊、気功、と名前も見た目も違いますが、私達3人が目指すものは一緒、PEACE (心の平穏)です。
ユニークな私達3人と一緒に、週末の半日、からだとのんびり向き合って、楽しい時間を過ごしませんか?
今回は、中間に全員で楽しむ、お茶と手作りお菓子のティータイムもご用意しております。
本堂と唐門と表門は京都府登録文化財であり、ふだんは一般公開はされていない、京都岡崎・永運院という特別な場所での開催です。


<講師紹介>

さち:やさしいヨガ

9年前に京都でイスラエル人の師からヨガを学んで以来、瞑想や人の身体と心の繋がりに興味を持ち、インドへ行ったりして、ヨガの勉強を続けています。ヨガで自分の身体や呼吸と向き合う時間を作ってみませんか。体が硬くても大丈夫です。シンプルな動きに呼吸を合わせることで、心も体もすっきり軽やかになるのを感じられます。

野中ミキ:インド舞踊エクササイズ
東インド古典舞踊「オディッシィ」のダンサーとして公演や普及の為のワークショップを京都を中心に全国で開催しています。舞踊のエクササイズには、ヨガの行法も取り入れられています。呼吸に合わせ、どなたでも無理なくできる動きで体を柔軟にし、バランス力や筋力をつけましょう。日頃使わない手指表現(ムドラ)なども体験して頂きます。

森田英実:医療気功
「ゆるむこと」の効果と心地よさを、わかりやすくお伝えいたします。オーストラリア在住。
年に2回京都で気功ワークショップ、オーストラリア・バイロンベイで日本女性のための気功ホリデープログラムを開催しています。中国国家医学気功教育基地・認定気功講師 

<からだの日仔細>
【日時】
2013年10月26日(土)13:00-16:30

【当日の予定】
1)ヨガ 13:00-13:50
2)インド舞踏エクササイズ 14:00-14:50
3)ティータイム 14:50-15:40
4)気功 15:40-16:30 


【開催場所】
永運院
京都市左京区黒谷町33

【アクセス】
京都駅、三条京阪より100 系統「東天王町」下車
阪急四条烏丸、河原町から32,203,京阪祇園市場、出町柳から203,神宮丸太町から204
「岡崎道」下車。
いずれも徒歩10分。

【料金】
4000円(3講座&美味しいティーとおやつ代含)
*3講座 通し優先ですが、1講座も受け付けます。
各1500円 (お茶菓子ご希望の場合は別途500円)

【定員】
各講座(女性のみ)先着20名/要ご予約

【受付及びお問い合わせ】
メール/ imlilico(アットマーク@)gmail.com
*「からだの日申し込み」とタイトルに明記ください
電話/090-2014-3139 「さち」までご連絡ください。
*開場についてはお問い合わせ時にお尋ねください。

【服装】
楽な動きやすい普段着(畳の上で動いたり寝転がったりします)

【持ち物】
寝転がるときに敷くタオルやストール、ヨガマットなど。

【お願い』
キャンセルの場合は出来るだけ早く、遅くとも前日までに必ずご連絡ください。
[PR]
明日は、ヒンドゥー教の神様クリシュナ神が生まれた日だとか。「クリシュナジャヤンティ」と言って、日本でもお祝いのイベントが各地で行われています。
 季節はどんどんと過ぎて行くようで、暑かった先週までと異なり、日曜日の雨ですっかり季節が進みました。
さて、この度、南インド古典舞踊、バラタナーティヤムの舞踊家ダヤ トミコさんからお声をかけて頂き、スタジオ公演に出演させて頂く事になりました。チラシの内容、ダヤ様の文章と仔細を掲載致します。是非ともお越し下さい。

c0246034_19302989.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
STUDIOタンマイ50人劇場 Stage27 素敵に仲間パート18 「50人劇場 街へ出る!」
 ◆インド舞踊~2つのスタイル~◆
2013.9.14(土) 
昼/14:00~ 夜/18:00~ 開場は各回30分前 

場所:京都こども文化会館(エンゼルハウス)
京都市上京区一条通七本松西入滝ケ鼻町431−1
075-464-0356
会場のアクセス等こちらをご覧ください。
http://www.eonet.ne.jp/~angel-house/ 

入場料:2,500円(中学生以下1,500円)*要ご予約
切符の販売はございません。(全/自由席)

主催:タンマイ・ナティヤアラヤ「50人劇場企画部」
   〒602-8377御前通一条上る東堅町113-7 
   http://dayaidance.web.fc2.com/

お問い合わせ:TEL&FAX/ 075-464-1728
E-Mail/ daya-idance@sweet.ocn.nejp

予約申し込み:[要ご予約]TEL.FAX.メール、郵便のいずれかの方法で、ご予約ください。
ご希望の会(昼夜)、お名前、人数、ご連絡先をお知らせください。
お申し込みを受信した時点で自動的にご予約は成立致します。定員オーバーの時のみ、企画部より「お断りの連絡」返信を致します。

●「50人劇場 街へ出る!」今回は、1公演「定員(80名)です。多数、ご来場下さいませ。  
●終演時刻/多少の変動がございます。 


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
今回の“素敵な仲間”は、東インド・オリッサ州発祥の古典舞踊「オディッシィ舞踊家・野中ミキ」氏です。野中さんとは、日本で最初にインド舞踊のステップを学んだ1977年来の知己です。約10年を「ヴァサンタマラ印度舞踊研究所」で、その後、私は「バラタナーティヤム」スタイルを、野中さんは「オディッシィ」スタイルを自らの道として選び、追求して現在に至ります。1語にインド舞踊と言いましても、その発祥地に依って、微妙に、また確実に、異なる技術・表現力を有し特徴としています。今回は2人の学んできた、「2つのスタイル」に絞ってご覧いただき、インド舞踊の持つ多様性をお楽しみいただけましたら、幸いでございます。  初秋に ー ダヤ・トミコ ー 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

出演(ダンス)/ ダヤ・トミコ &サキ  
素敵な仲間(ダンスゲスト)/野中 ミキ(オディッシィ・ダンス)  
       
演目/ バラタ ナーティヤム 古典曲より  
    『ダシャ ヴァターラ・ヴァルナナ』 他      
    オディッシィ 古典曲より
    『ラリタ ラヴァンガ ラター』 他
 考察: “ギータゴーヴィンダ”にみる「アビナヤの対比」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 <出演者プロフィール>
★ダヤ・トミコ (バラタナーティヤム)
‘77年に「バラタナ-ティヤム」を始める。
'89年より渡印。以来インドでの舞台出演・招聘多数。‘04年~‘11年、大阪外国語大学、現大阪大学、非常勤講師。‘05年秋、師匠・ダナンジャヤン夫妻と音楽者をインドから招き、(スタジオ15周年記念公演)「古典&神話舞踊劇」上演で好評を得。同時に師匠より「NATYAーPURNA』賞を授与、真のダンサーとしての栄誉を受ける。’08年「いのちの輝き」をテーマに、<インフィニティ・ダンスシアター>を起ち上げインド舞踊、他分野のアーティストとの共演、紹介に活躍中。(タンマイ・ナティヤアラヤ主宰/京都在住)

☆サキ(舞踊メンバー)☆
★西部紗希(タンマイ・ナティヤアラヤ所属ソリスト)
‘07年6月、初ソロ・デビュー公演
「アランゲトラム」を、京都市国際交流会館で行い好評を得る。(滋賀在住)

★行友一美(タンマイ・ナティヤアラヤ研究生)
(梅田クラス・12)

★野中ミキ(オディッシィ)
‘77年よりインド舞踊を学び始め、1990年インド、ニューデリーのトゥリベニ・カラ・サンガムに留学し、オディッシィをグル師)・R・R・ジェナに師事。デリーにてデビュー公演の後、公演活動を開始する。日本とインドを行き来しながら国内外で、舞踊の普及や指導、そしてスタジオのメンバー「カマラクシ」と共にイベントへも参加している。
(オディッシィダンススタジオ カマラ・カラ・ピータ ジャパン代表/京都在住)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ダヤさんとは、ヴァサンタマラインド舞踊研究所時代からの長いおつきあい。つまり私が踊り始めた時からの先輩です。素敵な機会を与えてくださり、嬉しい気持ちでいっぱいです。
ブログトップに掲載させて頂きます。
[PR]
14日の公演内容ですが、私は「ギータ・ゴーヴィンダ」から、2演目踊る予定です。
「ギータ・ゴーヴィンダ」は、クリシュナ神と牛飼いの女房ラーダーの恋を謡った24編の詩からなっています。神様と人妻であるラーダーが恋人同士という設定は、日本人の私達にはとまどう事ばかり。。。それでも魅力的なのは、その恋心、たくさんの女性と戯れる様子、嫉妬、恋いこがれる心。結ばれる時の状況などが、どこか共通する心情を映し出しているからかもしれません。


この詩集(聖典)からの演目は、南のバラタ ナーティヤムでも東のオディッシィでも踊られます。南の踊りでは、明るく軽やかなリズムによって、明快に表されます。そして、東の踊りでは、湿り気が感じられます。
同じ演目でも、踊りの中で扱う詩歌の部分が少し異なっていたりして、表現方法の違いは、きっと人々の考え方が現れているのかしら?と思ったり。

今回、ダヤさんと二人で、同じ演目を、お互いのバージョンをほんの少しずつ一緒に踊る試みです。それがお互いに2〜3分程度。楽しみ半分不安半分。ですが、バラタのリズムに身を置くと不思議にわくわく、からだもハキハキ。オディッシィならやっぱり湿り気が入ります。
初めてデリーからオリッサへ行き、慣れ親しんだデリーとは異なるムードにとまどった事を思い出します。

14日その違いを是非ご覧くださいね。
ダヤさんのHPです。
[PR]
c0246034_1759394.jpg

初めて京都大丸の正面に孔雀が有ることに気がついた今日。ちょっと嬉しくてパチリ。
[PR]
10月には永運院にて「からだの日vol.3」を開催します。詳しい内容は、気功の森田先生のブログをご覧の上ご興味有る方がご予約をお願い致します。1日よりご予約開始ということでしたが、お知らせが遅くなってしまいました。

森田先生のブログ:http://ameblo.jp/aiinspire/entry-11596417106.html

昨年11月に森田先生のワークショップをスタジオで開催しましたが、(あっという間に1年です。。)すごく好評でした。今回は、お寺で行います。ティータイムのお菓子は、京北で畑をされてるお二人のスイーツ。旬の農産物を使用されるとのこと。ヘルシーです。
[PR]