<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

インド古典舞踊オディッシィ公演「花蓮夜Ⅱ〜ギータ・ゴーヴィンダの世界」無事終了いたしました。

法然院 本堂と言う神聖な場所で踊らせて頂きました事にお礼申し上げます。

朗読をお願いしました広田ゆうみ様、シタールの南沢靖浩様と練習を何度も重ね、この日を迎え、私が描く「インド古典舞踊の舞台の形」を体現でき、幸せな日となりました。
お越し下さった皆様の暖かさ、舞台を作るために工夫してくださった、音響の大久保さん、ライティンクの筆谷さんと吉津さん、若いスタッフの皆様、お手伝い下さった皆さんの気持ちのお陰と思っています。
そしてお借りしました法然院様にはいろいろとご無理をお願いしました。
リスクも有りつつすべてを良い状態にしてくださった皆様、ありがとうございました。

人の人生と同じように、もう二度と同じ事同じ感情、同じ状態には戻れない舞台。

不安と辛さ、喜びと気力が混じり合って迎えた本番は、技量的にどうであれ、今持っている自分の技術、気持ちの全てを投入出来、そしてまた理想とする集中した感情で踊れた最初で最後の舞台になり、喜びでいっぱいです。
おつき合いいただきました全ての皆様に感謝しております。

改めまして、写真やその時の様子等もお伝え出来れば幸いです。

感謝を込めて
野中ミキ
[PR]
今週の土曜日となりました「インド古典舞踊オディッシィ公演『花蓮夜Ⅱ〜ギータ・ゴーヴィンダの世界』」
昨日、京都芸術センターで出演者のお二人と通しの練習。そして今日は、同じ場所での一人で最後の練習でした。 

制作支援事業として公演を何度かさせて頂き、ここはその度にお世話になったところ。その他好きな公演やコンサート、ワークショップ等も受けました。
練習で使用させて頂くのはもう無いかもしれないです。
ちょっと好きな場所を写真に撮りました。
c0246034_19265740.jpg

京都芸術センターは、昔明倫小学校でした。公立のというより、町の方々がお金を出し合い作ったと聞いています。
その当時から、このようなスロープがあり、いろいろなものを運んだのでしょうね。窓からの光が美しい場所です。
c0246034_1926687.jpg

南側の階段です。階段には、手すりが付いていますが、これも当時から有ったのかしら?
c0246034_1925418.jpg

教室のままの場所。
c0246034_1925193.jpg

廊下の美しい窓。
綺麗なものに日々包まれて学べる事は本当に素敵です。
[PR]