2016年9月11日(日)開場13:30 /14:00開演
c0246034_17372968.jpg

ゲスト出演させて頂きます。

主催: アムリッタ・ダンス・カンパニー
協賛: サロン・ド・プルニマ

国立文楽劇場小ホール
大阪市中央区見本箸1丁目12番10号
(地下鉄堺筋線・千日前線「日本橋駅」7号出口より徒歩2分)
前売:¥2,500 当日:¥3,000

お問合せ アムリッタ・ダンス・カンパニー Tel&Fax 06-7493-4001
URL http://www.amrit-dc.com/top.htm
[PR]
いつも「やさしいヨーガ」でお世話になっている北山通のNadi Kitayamaにてワークショップをします。
今年から始まった、オープンディ。会員の方だけでなく一般の方もご参加出来ます。
インド舞踊エクササイズと皆様と踊った踊りを披露させて頂きます。

★7月8日(金)Nadi OPEN DAY特別プログラム★

『インド舞踊エクササイズとMIKI先生によるインド舞踊』WS
日 時:2016年7月8日(金)10:00~12:00
場 所:Nadi Kitayama
      〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町107-1ジュネス北山
参加費:Nadi会員:1,000円(税込) 一般:2,000円(税込)
定 員:15名

ワークショップは裸足で行います。ご参加をお待ちしています。
詳しくは Nadiのサイトよりメールか直接お電話でお問い合わせ下さい。

サイト:http://nadi-kitayama.com
お電話:tel.075-723-0888
[PR]
先週、6月18日シタール奏者の南沢靖浩さんの30周年コンサートに出演させて頂きました。
南沢さんには、グルジが来日されたときから何度もお世話になりました。
昨年の「花蓮夜Ⅱ」でも素晴らしい演奏で私を助けてくれました。

今回は、弟子の智絵さん企画のとても素晴らしいコンサート。会場は、お庭が美しい黒谷・永運院。
当日は前日の雨とは打って変わって暑いぐらいの晴れの日。
c0246034_20101637.jpg

c0246034_20104580.jpg

カルロス・ゲラさんのバーンスリーコンサートの後出演させて頂きました。カルロスさんと一緒になるのも久しぶり。嬉しい再会です。
これは司会のチコさんが撮影してくれました。
この後、南沢さんのコンサート。私は庭の見える廊下で気持ち良くシタールの音色とグレンさんとのタブラー演奏を聞きました。まるで会話をするかのようなお二人の演奏を堪能しました。
30年の区切りをお弟子さんの企画で出来るなんて!本当にうらやましい。全体に暖かいムードに包まれて素敵でした。この時間を一緒に共有出来て幸せでした。ありがとうございました。
c0246034_20102410.jpg


もっと写真が有ります。南沢さんのHPを御覧ください。

南沢さんとグレンさんは、9月17日、私達インドアーツサンガム京都が企画する「インド芸術祭2016」でも演奏して頂きます。是非お越し下さいね。
[PR]
今年も堺町画廊で開催されてる「下村順子さんの陶芸の個展に行って来ました。
c0246034_17241282.jpg

初めて拝見したのは何時だったのか?もう何年も前になります。夫が不思議な陶器の小さいお皿を買って来たのでした。「変!」と思った記憶が。。そして次の年、夫がもっと変?な動物のような陶器のお皿(少し大きめ)を買って来ました。
ええ!って思ったけど使ううちになんだかファンになったみたい。
次の年は一緒に行くようになり、下村さんが京都で作品展をされたり、どこかで展示が有ると見に行くようになりました。今年は遂に食器ではないものまで買ってしまいました。
c0246034_172420100.jpg
c0246034_17242666.jpg


個展は、12日まで。堺町画廊さんで。http://sakaimachi-garow.com/blog/

7月5日〜17日は河原町のMARONIE(マロニエ)さんであるグループ展「暑中お見舞い申し上げます」にも作品が並ぶそうです。
[PR]
c0246034_11582781.jpg


毎週二回通っているヘルスピア21は、東寺の南にあります。
初めの頃は東寺の五重塔を見ながら通うのが楽しみでした。
c0246034_14101378.jpg

今は、その周辺にも興味が広がっています。
今日は普段は非公開の五重塔の初層内部を拝観できる最終週。
c0246034_1158342.jpg
c0246034_120515.jpg

いつでも行けると思っていたらもうギリギリです。
レッスンの帰りに行ってきました。

初層内部だけとは言え五重塔に入れるのが楽しみでした。本当は登りたい。
私はどうも、やはりというか高いところに登りたいようです。東京や大阪の例の新しい高いところにも行ってみたいけど。。。
何度も焼失(焼亡と書かれてました)しこの塔は江戸期に再建。5代目だそうです。
内部の仏像、その周りの極彩色の装飾。
自然と手を合わせてしまいます。
[PR]